山形県南部(置賜地域)唯一の総合看護専門実践教育訓練講座指定校

卒業生の声

卒業生の声

三友堂看護専門学校卒業生
看護学校を卒業して、現在看護師として活躍されている先輩達の体験談を掲載しております。 

楽しいことや大変なことを仲間や先生方と経験。自分を成長させてくれました。

3年間の学生生活を振り返ると、多くのことを学び、経験することができました。講義では外部の講師の方々より、専門的かつ臨床で求められる知識や技術を学び、また体験することが出来ました。

臨地実習では講義で学んだ知識をより一層深めることができ、さらに各領域の特色や看護の実際を経験することができました。しかしながら、看護の難しさや患者様との関わり方で悩んだり、男性であるため苦労する場面もありました。その度に同じ実習班の仲間や先生方に助けてもらい、乗り越えてきました。また、自分が考える看護を実施できるように、遅い時間まで先生方が残ってくださり熱心に指導して頂いたこともありました。女性が多い環境で過ごしていけるか不安な方もいると思います。私も入学当初はそのように考えていましたが、楽しいことや大変なことを仲間や先生方と経験し、不安は無くなり自分を成長させてくれました。

入学を考えられている皆さん。看護学校での経験は糧となり自分を成長させてくれるはずです。同じ目標を持った仲間と目標実現のため支えて下さる先生方と共に3年間を過ごし、自分の目指す看護師像を是非見つけてほしいです。


第37期生 令和2年度卒業 金田 輝

 

素敵な出会いに恵まれていると感じる瞬間が何度もありました。

私は母の病気がきっかけで看護師を志しました。入学当初はこの道で合っているのか、自分が本当に看護師になることができるのかなどと不安を抱えていました。しかし、三友堂看護専門学校でたくさんの人と出会い学んでいく中で、自分自身の成長を実感できる場面があり、いつしか不安が希望に変わっていました。

私は看護学生として過ごす中で、素敵な出会いに恵まれていると感じる瞬間が何度もありました。同じ目標を持つ心の優しい仲間達、熱心にご指導してくださる先生方、実習施設の方々、私たちを快く受け入れてくださる患者様とご家族、たくさんの人と関わらせていただく中で、より多くの学びを得ることができ充実した3年間を送ることができました。時に苦しく、辛く、悩んだり落ち込んだりすることもありましたが、今思い返すとすべては自分自身の学びの場であり、成長に繋がると共に強みに変えていけるものであったと実感しています。また、そんなときにいつも側で支えてくれる家族の存在も大きいと感じることができました。

看護学生として過ごす時間は一人の人間として大きく成長することができる素晴らしい時間です。
みなさんもその時間を三友堂看護専門学校で過ごしてみませんか?

三友堂看護専門学校 卒業生先輩の声(金子さん)
第36期生 令和元年度卒業 金子 舞穂

ひとつひとつ乗り越えて成長を実感。楽しい学校生活でした。

3年間の学生生活の中で、辛いこと、楽しいこと様々な経験がありました。特に臨床実習では看護の難しさに触れ、挫けそうになったこともありました。しかし、そんな時でも同じ目標に向かって共に頑張る仲間や、親身になりご指導して下さった先生方の存在がとても大きな力になりました。臨床実習は緊張しますが、卒業生の先輩や講義を担当して下さった方々も多くいらして丁寧に指導して下さることも魅力の一つです。また様々な病棟での実習を通して幅広い知識や技術を習得し、看護の奥深さや多様性を学び、看護とは何かを深く考えることができました。

学校生活では、少人数のクラスの中に、現役生はもちろん、社会人経験のある人、子育てしながら通う人など様々な背景をもったクラスメイトがいて、色々な刺激を受けました。

看護学校での3年間は、大変なこともたくさんありますが、一つ一つ乗り越え、成長していく自分を実感できるはずです。みなさんも同じ志を持つ仲間と共に、この学校で楽しい学校生活を送りましょう。
同じ目標を持った仲間と出会えることは一生の財産になると思います。
良い仲間と熱心な先生方に出会えることも三友堂看護専門学校の魅力だと思います。

三友堂看護専門学校 卒業生先輩の声(芦野さん)
第35期生 平成30年度卒業 芦野 美里

理想の看護師。自分が本当にやりたいことをみつけられました。

私は3年間の学生生活を通して、沢山のことを学びました。講義では学校の先生方だけでなく、外部の講師の方々から現場の生きた知識をお聞きし、その後の臨地実習に生かすことができました。また、超高齢社会が進んでいる今、重要視されているのは予防医療であることを日々の学習の中で知りました。そこで私は地域の人々の生命・生活・生きる権利を衛るための役割を担う保健師に興味を持ち、進学を考えるようになりました。しかし、自分で受験勉強の時間が確保できるのか、どのような対策をすれば良いのか不安な思いがありました。3年生の平日は実習が毎日あり、なかなか進学に向けた学習に取り組むのは難しい状況でした。その中でも、先生方が私の進路について親身になって話を聞いてくださいました。そして、受験に必要な書類や過去問の添削をしてくださり、合格に向けたバックアップをしてくださいました。そのおかげもあり、実習と受験を並行しながらも無事に志望校に合格することができました。

これから入学を考えているみなさんも、学校で看護学の専門的な学習を進めていく中で、私のように保健師の道や、他にも助産師、養護教諭などの看護師とはまた違った道に進みたいと思うことがあるかもしれません。そのような場合でも、自分の進路に向けて支えてくださる先生や職員の方々がいらっしゃいます。3年間の学びを通して、理想の看護師とは何か、自分の本当にやりたいことは何かを同じ志を持つ仲間とともに見つけてみませんか。

三友堂看護専門学校 卒業生先輩の声(山口さん)
第34期生 平成29年度卒業 山口 渚

入学希望の方へ 一覧

推薦入学のご案内

推薦入学のご案内

本校への推薦入学のご案内についてです。

詳しくはこちら

一般入学の案内

一般入学の案内

本校への一般入学のご案内についてです。

詳しくはこちら

社会人入学のご案内

三友堂看護学校 社会人入学のご案内

本校への社会人入学のご案内についてです。

詳しくはこちら

学費等諸経費のご案内

学費等諸経費

学費等および諸経費をご案内します。

詳しくはこちら

各種制度のご案内

看護学校奨学金

入学や卒業の際に活用できる各種制度をご案内します。

詳しくはこちら

授業の様子

三友堂看護専門学校の教育目標

本校の実際の授業の様子についてです。

詳しくはこちら

フロアガイド

フロアガイド

三友堂看護専門学校の施設内のご紹介です。

詳しくはこちら

卒業生の声

卒業生の声

看護学校を卒業して、現在看護師として活躍されています。

詳しくはこちら

国家試験・進路の実績

国家試験合格率と進路状況

国家試験・進路の実績についての詳細です。

詳しくはこちら

よくある質問

よくある質問

よくある質問を載せています。

詳しくはこちら

授業・実習について

授業や実習、キャンパスライフについてご覧いただけます。

詳しくはこちら

国家試験・進路の実績

看護師資格などの国家資格合格率、県内・県外の進路状況をご覧いただけます。

詳しくはこちら

卒業生の声

三友堂看護専門学校を卒業して活躍されている先輩の体験談をご覧いただけます。

詳しくはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0238-23-6470
メールでのお問い合わせ
メールフォーム

願書請求

入学願書の請求は1部1,000 円です。
来校または郵送で承ります。
詳しくは願書請求のページをご覧ください。
願書請求
PAGETOP
Copyright (C) 2010-2019 Sanyudo Hospital. All Rights Reserved.